読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ログ

いつでもどこでも自由気ままに生きるための雑記

格闘技歴20年のプロ格闘家が教える!2ヶ月で腹筋を割る3つの方法!

ダイエットしなきゃな〜って思うのは大概の人が自分の”お腹”を見た時。

 

割れた腹筋、くびれたウェストは誰もが羨む体型。

 

だけど、なかなかなれない。

 

それはそもそも何をどれくらい食べて、運動すれば良いからわからない。

 

”そもそも”がわかっていないパターンがほとんどだと色々な人の話聞いて感じます。

 

今日はそんな人たちに向けて、腹筋の割り方を3つレクチャー!

 

1つ1つゆっくりで良いので実践してみてくださいね!

 

1.腹筋の各部位にアプローチ

 

おそらくあなたが今までやってきたのはいわゆる”クランチ”と呼ばれる一般的な腹筋かと思います。それは腹直筋というお腹の正面の上部あたり(おへその上周辺)が最も刺激されます。

 

でもそれだけでは足りません。必ず”ひねって”ください。ひねることにより、腹筋の横である”腹斜筋”が刺激されます。ボクサーがボクサー体型なのはパンチを打つことによって腰を回す、すなわち”ひねっている”からなのです。

 

なるべく大きく左右にひねってください!腹筋しながらでも良いし、デスクに座りながら、立ちながらの腹筋でも良いです。とにかく暇さえあればひねる!ひねる!ひねる!!

 

2.食事制限をする

 

正直プロ格闘家でも食事制限をしないで体重を減らせる人はいません。プロ格闘家なので一般の人の何倍もの運動量をこなしているのにもかかわらずです。

 

食事制限なしでは体重を減らすのは困難です。

 

ただ、大概の人の食生活は乱れています。糖質の摂り過ぎ、脂質の摂り過ぎ、夜に食べるなどなど。

 

まずはこれらを正常化するだけで変化は見えてくるでしょう。

 

炭水化物を減らす、カットするのはそれからでも遅くありません。

 

3.毎日継続する

 

ダイエットで一番多い質問がこれ。

 

”どのくらいやれば良いのか?”

 

ぶっちゃけ個人差によるとしか言いようがありませんが、限界までやってください、毎日やってください。

 

ただ、怪我しないでください。体調崩さないでください。

 

と、いうのが答えです。

 

忙しくてジムに行けない、付き合いがあって食べないといけない。

 

・・はい、ダイエットはもう止めましょう。そんなことが調整出来ないようでは無理です。絶対。

 

プロ格闘家でそんなこと言いながら体重落とす人なんていませんから、、本当に落としたいならなんとかしてください。

 

例えばジムに行けない日は家で筋トレ30分みっちりやるとか(そもそもジムに行く必要は特にありません。マシンの方が負荷高く出来るので効率は良いですが。)、食事に行ったら野菜などだけ食べるとか。 

 

ということで以上3つ!

 

頑張ってみてくださいねー!!

 

広告を非表示にする