ログ

いつでもどこでも自由気ままに生きるための雑記

山中vsモレノ、長谷川vsルイス観戦記

今日は久しぶりにテレビ観戦。

 

V11(11回目の防衛)がかかった山中選手のタイトルマッチ防衛戦と長谷川選手の3階級制覇がかかったバンタム級タイトルマッチ挑戦。

 

どちらも楽しみではあったが、やはり長谷川選手。スタイルも紳士的な振る舞いも最高に格好良い。長谷川選手のこと嫌いな人っていないんじゃないかな、、普段もめっちゃ良い人らしいよちなみに。

 

実際の試合は長谷川選手が先にやったのだがテレビ放送に関係でメインの山中選手から。

 

ん〜、、半端ない。こんなダウンの応酬劇ひさびさに見たわ。しかも世界戦で。モレノの身体が柔らかく、踏み込んだところから更に伸びるパンチに手を焼く山中選手。さらに山中選手のパンチを上体でスウェーしながらのフックも良い。

 

さすがスーパーチャンピオンにまでなってるだけあって、今までの敵より一枚も二枚も上手で強い。

 

先制は山中選手がダウンを奪ったが途中奪い返され、そしてさらに後半奪い返してKO。本当凄いよな〜普通出来ないよそんな芸当。メンタルもタフ。おめでとうございます。

 

そして長谷川選手。進退をかけた一番。

 

ただね、進退がかかってるからとかタイトルマッチだからとかそういうんじゃない。

 

僕は長谷川選手の試合が観たい。

 

純粋にそう思う。こんな見てて清々しいファイトを見せてくれるボクサーってここ10年いたかな?

 

多分いない。

 

強いボクサーはたくさんいるけど長谷川選手は何か違う。

 

結局9Rに相手が棄権を申し出てKO勝ち。何より嬉しかったのはまた長谷川選手のファイトが観れるということ。

 

本当におめでとうございます。あの連打、スピード、ステップワークは芸術だね。でも一番の芸術はあの熱いファイトスタイル。気持ち。

 

ボクシングはスポーツだけどその前に格闘技なんだ。長谷川選手は綺麗なボクシングをするけど僕たちに”格闘技”を見せてくれる。刺激になる尊敬して止まないボクサーだ。

広告を非表示にする